外壁塗装で劇的に蘇る住宅|リバイブ外壁塗装術

wall paint

多くの効果を得る

塗り壁は防音効果が高い

wall paint

住宅をリフォームする際には、壁を塗り壁にする事で様々な効果があります。ここでは壁を塗り壁にする事で、どんな効果があるのか触れていきましょう。塗り壁は漆喰が人気で、多くの住宅で施工されており、塗り壁を漆喰で施工するメリットとしては、防音性が高まることです。塗り壁は音を吸収してくれる作用があるため、外の騒音を部屋の中に入れません。そのため漆喰で壁を作る事によって、静かな部屋にする事ができるのです。 音というのは質量のある物体を通過する事ができません。塗り壁にする事で、壁の質量が重くなるため音を遮断する効果が高まるのです。住宅で快適に過ごすためには、静かな環境が大切です。そのため漆喰を使用する事を考えましょう。

殺菌効果もあるため衛生的

また漆喰で塗り壁を作る事により、殺菌効果が高まります。壁は汚れやすい場所で、長い年月により目に見えない菌が壁の中に入り込んでしまうからです。ですが漆喰の塗り壁にする事により、菌が壁の中に入り込まないため衛生的なのでしょう。壁は触れる事がある場所なので、殺菌効果がある事により健康的な生活をする事ができます。 また殺菌効果があるだけでなく、空気中に漂う化学物質を吸い取る効果があります。そのため部屋の中にアレルギー物質が漂う事が少なくなり、アレルギー体質の人にとっては漆喰を塗り壁にする事で、アレルギー体質を改善させる事ができます。このように漆喰を壁に施工する事により、様々な良い効果を得られるでしょう。